研修で学ぶ事をすべて理解する

研修前に確認しておく持ち物

企業や団体へ入った直後に行われることの多い研修。初めて学ぶ知識や経験も多く、研修で学ぶことをすべて理解するというのは大変なことかもしれません。それでも、より多くの経験値を得るために必要な持ち物や心構えについてお伝えします。まず、絶対に忘れてはいけない持ち物といえば筆記用具類です。ボールペン2色、シャーペン、マーカーやカラーペン2色程度は揃えた方が良いでしょう。また、ペンケースの見た目も無難なものを選びましょう。また覚えたことを忘れないために、とにかくメモを取ることが重要です。小さいメモ帳とノート、付箋などを常備しましょう。配られたプリントの保管のためにクリアファイルも必要です。その他に指示された持ち物がある場合、事前に確認しておいてください。

研修の心構えと大切なこと

研修を行う目的は知識を学ぶことだけではありません。その組織の一員であるという意識を身につけることもとても重要です。ですから「ただ話している内容を聞き、メモを取る」だけでは意味がないのです。担当者にたくさん「質問」し、メモを「見返し」、教わったことを自分なりに「まとめる」の3段階を繰り返し行うことで、より研修内容を深く理解することができます。また、コミュニケーションスキルやビジネスマナーを実践的に学ぶ際には、どのような対応がふさわしいか、頭で考えながら参加しましょう。セミナー後に他の参加者と復習してみても良いかもしれません。チームワークを身に着けることも、組織内で活躍するための基盤になります。研修で多くの経験値を得て、より良いスタートを切りましょう。

階層別研修は、職位や等級などの階層毎に行われます。自身の役割を再認識させると共に、目的遂行に必要な能力の習得を目指した研修です。経営における位置づけの理解や、職場の管理と人材育成などについて学びます。