研修担当者には優秀な従業員を指名する

優秀な従業員がノウハウを伝える

研修担当者は誰にしようかと悩むケースは少なくありません。研修は当日だけでなく、準備を重ねる時間もあるので従業員の負担も大きくなります。優秀な従業員はなるべくお金を生み出す仕事に集中してもらいたいという気持ちもありますが、それでも優秀な従業員に任せた方が会社にとっては有益です。社内には優秀な人材とそうでない人材に分かれてしまいますが、優秀ではない人材を鍛えて底上げした方が業績アップに繋がります。解雇をしようにも明確な理由がないと不当解雇になりますし、新たに人材を募集しても優秀な人材が都合良く入社するか分かりません。在籍している優秀な従業員が、効率の良い仕事方法や思考方法を伝授することで速やかに実践することができます。

どのような部分を鍛えたいか

研修担当者に優秀な従業員を指名することは有益ですが、どのような部分を鍛えたいか上部が明確にしないといけません。例えば営業の成績が全体的に落ちている状況を改善しようとする時に、コミュニケーション能力を改善させるのか別の営業スタイルを確立させるかによって学ぶ内容が全く違ってきます。なので、とりあえず優秀な従業員に研修を任せておけば大丈夫という考えだと適材適所にならない可能性があります。コミュニケーション能力を鍛えるなら社内で一番口が達者な従業員に任せるべきですし、頑なに優秀な従業員にこだわる必要性はありません。場合によっては一人ではなく複数人で研修を行っても良いです。せっかくの研修なので、多くの従業員が協力して成功させなければいけません。

教育研修は、企業が社員に対して時代やキャリアに合わせた人材育成プログラムを提供しています。これは、企業がより円滑に事業をおこなえるために実施するので、投資の意味合いを持ちます。