多くの会社で従業員の研修を行っていますが、少しでも意味がある研修にしていくためには、いくつか大事なことがあります。今からお話する事を理解する事が出来れば、研修をして良かったと会社も従業員も満足する事が出来ます。

研修を行う時に重要な事

会社で研修を行う時には、少しでも従業員の仕事のスキルを向上させる事が必要です。従業員のスキルが向上出来なければ研修をした意味があまりないです。そこで、今から研修を行う時の重要ポイントについてお話します。

従業員全員が参加出来る環境を整える

従業員用の研修を企画する場合、研修対象者をどのようにするか、予算はどの程度見ておかなければいけないか、講師は社内の従業員が行うのか社外講師に依頼するのかなど、色々と考える必要があります。ある一定の…

研修担当者には優秀な従業員を指名する

研修担当者は誰にしようかと悩むケースは少なくありません。研修は当日だけでなく、準備を重ねる時間もあるので従業員の負担も大きくなります。優秀な従業員はなるべくお金を生み出す仕事に集中してもらいたいと…

企業の発展のために社員教育をする必要性

社員教育は社員の能力を上げるために行うことを心がけ、企業の発展のために役立つ内容を決める必要があります。

研修に参加する時に大事な事

重要な事はメモ帳などに記載する

どんな人でも興味深い話だったら、思わず話に引き込まれます。そして、その内容が自分の仕事に生きる物であったならば思わずメモを取ってしまうはずです。まずは、そのように仕事についての詳しい人を講師に迎え…

研修で学ぶ事をすべて理解する

企業や団体へ入った直後に行われることの多い研修。初めて学ぶ知識や経験も多く、研修で学ぶことをすべて理解するというのは大変なことかもしれません。それでも、より多くの経験値を得るために必要な持ち物や心…

分からない事は研修担当者に質問する

研修において、分からない事を積極的に質問する意欲は大事ですが、講師から有益な回答を得るには、受講者が良い質問者になることも重要です。講師は良い質問者からされる質問を好意的に捉えるものです。そのため…

講義だけでなくて実技研修も取り入れる

研修に実技研修を取り入れるメリットとは?

研修に実技研修を取り入れるメリットは大きく分けて2つあります。1つは受講生にとって、学んだ技術が実践しやすいものになるということです。ここで考えてみてください。本を読んだだけあるいは手順を聞いただけの技術と、1度でも行ったことがある技術、どちらのほうが実践しやすいでしょう。1度でも行ったことのある技術のほうがやったことがあるから大丈夫、と自信を持って実践しやすいのではないでしょうか。研修の中で受講者に初めの1歩を踏み出す場を提供できるのです。2つ目のメリットは、受講生が講師のいる場所で実技を行えるということです。初めて学ぶ技術であれば、誰もが多少は失敗したらどうしようという不安を抱えるのではないでしょうか。しかし、講師がいてアドバイスのもらえる研修の場ならば、失敗してもアドバイスがもらえます。受講者にとって安心して新しい技術を学んでもらうためにも、実技研修の時間をぜひ取り入れましょう。

実技研修の取り入れ方

まず、実技研修の時間はなるべく多く確保しましょう。特にビジネスマナー講座やマッサージの実技講座など、対人間で行う必要がある実技研修には時間に余裕を持たせます。そうすれば受講生は誰か1人を相手にするのではなく、何度か組む人を替えて様々な人を相手にした研修が可能になるからです。そうすることで、自分が苦手なタイプや得意なタイプを知ることができますし、自分にとって伸ばすべき点を明らかにすることもできます。2つ目のポイントは、フィードバックをもらえる時間を確保することです。例えばビジネスマナー講座ならば、名刺を受け取った相手から「もう少し目線を合わせてほしい」などの意見をもらえるようにすれば、改善点が明らかになります。可能であれば、実技を行うメンバーとそのやりとりを客観的に見るメンバーを作り、客観的に見ていたメンバーからもフィードバックをもらえるようにするとさらに学びが深まるでしょう。